エンバーミング用品

エンバーミング(遺体衛生保全)とは……

エンバーミングの歴史は古代エジプト時代にまで遡るとされており、急速な発展が見られるようになったのは1860年代の南北戦争頃と言われています。それは、戦地で亡くなった多数の戦死者を可能な限り生前の姿で連れ帰る為だったようです。その後、アメリカやヨーロッパでエンバーミングは一般的なご遺体処置方法として広く普及してきました。

日本におけるエンバーミングは「遺体衛生保全」と訳され、一般社団法人日本遺体衛生保全協会(IFSA)の自主基準の下で運用されています。当社も同協会の賛助会員として活動をしております。

日本遺体衛生保全協会

当社の役割

当社はDodge製品の日本総代理店です。

当社は世界中のエンバーマーに使用されているDodge製品の日本総代理店として、エンバーミングケミカルや処置用器具などを日本に輸入し、国内のエンバーミング事業者様をはじめ、一般葬儀社様や医療系大学様に販売しております。

The MazWell Group(旧:Dodge UK)
The Dodge Inc.(Dodge US)

主な取扱商品

1.主なエンバーミング薬品

(1)脈管用薬剤(Arterial Chemical)
主な製品名 用途
Introfiant OTC 独自成分を含有し、循環に障害のある故人のお身体に浸透させる際、優れた効果を発揮します。
この製品は血管や組織の状態に関わらず、動脈注入を効率的に行うことが可能です。
Permaglo この製品は自然な組織の色を再現することが可能で、エンバーマーはこの製品を使って亡くなった故人の組織に安定した自然な艶を与えます。
(2)同時注入用薬剤(Co-Injection Chemical)
主な製品名 用途
Metaflow 細胞膜への浸透性を高め、水分のバランスを整えます。血管細胞表面を滑らかにして薬液の流速を上げ、排出速度を速めます。
凝固した血液の粘度を下げ、血管内の血栓を分散させます。
(3)水質調整剤(Water Conditioner)
主な製品名 用途
Rectifiant 水道水をエンバーミングに最適な水質に近づけます。浄化剤、ミネラル、ガスを中和させます。
化学療法が原因の黄疸を低減します。Ph値を安定させ、薬剤の沈殿を防止します。
(4)体腔用薬剤(Cavity Fluid)
主な製品名 用途
Dri Cav 世界中で使われている腹腔用薬剤のベストセラー製品です。
胸腔部にも腹腔部にも1本使用します。大量の体液やガスが溜まった腔部に用いるのに最適です。
(5)付属薬品(Accessory Chemical)
主な製品名 用途
Dis-Spray 表面の汚れと身体の油分を取り除くことができます。口や鼻などの粘膜部の腐食やそれに伴う臭いの発生を抑制し、メイク前に使用すると効果的です。

2.器具類及びその他

(1)注入/吸引器具
主なDodge社製品名 用途
エンバーミングマシン 動脈注入用ポンプ
タンク容量は約11L、圧力は150psiまで調節可能です。
ガラス製ではなくオールステンレス製の為、傷みにくい仕様となっております。
他機種にはない流量計を装備しております。
脈管用チューブ 真鍮製で、全体に重クロムメッキがほどこされているので、長期間使用可能です。
(1)消耗品
主なDodge社製品名 用途
ウエブリルタオル 高い吸水性を備えたロール状の綿花です。自重の10倍の吸水性があり、ミシン目入りのシートで、サイズは203mm×381mmです。